肥満治療の為の食事療法と運動

肥満は、放っておくと危険な病気につながる恐い病気です。肥満治療には、食事療法と運動があります。食べると言う行為は、人の心や生活習慣に結び付いている為、中々改善できなかったり、コントロール出来なかったりします。このように自分一人では無理であり、尚且つ放っておくと大変に危険で、高血圧や糖尿病などになる恐れがある場合には、サポートするチームのある専門医療機関を受診する必要があります。一般的な肥満治療の食事としては、減量時には、糖質と脂肪摂取をなるべく控えて出来るだけ骨格や筋肉、各種代謝を維持する為に必要なたんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂取する必要があります。
また、肥満治療の食事は1食、500キロカロリー(1日1500キロカロリー)を目標に糖質に相当する栄養素を採りすぎない様にする事が大切ですが、1000キロカロリー以下では、十分なたんぱく質が取れないので、マイクロダイエットを用いたフォーミュラ食を使うとこの問題が解決され、正しく使えば、体重が減少して内臓脂肪が取れ、糖尿病や脂質異常、高血圧の改善に繋がります。それどころか腎臓障害や心不全の改善にも効果があります。
運動は、毎日最低30分行うことが必要です。脂肪を燃焼させると基礎代謝量の減少を防ぐので、まず、筋肉が増えて体が引き締まります。また、基礎代謝が高まると太りにくくなり、疲れにくく、高血圧、糖尿病などの生活習慣病にも効果があります。
その運動は、ウオーキングや水泳などの優酸素運動、筋肉を鍛えるウエイトトレーニングなどの筋肉運動、ストレッチ等の柔軟運動を組み合わせるのが良いでしょう。
毎日出来なくても週に3、4回を目標に少なくとも3カ月間は継続する事が大切です。