肥満治療プログラムで痩せる・しらたき活用ダイエット

しらたきは、こんにゃくをそうめんのような細さに切った食品です。糖質制限ダイエットプログラムのときには、しらたきを活用すると麺を食べたいときに代わりに使うことが出来ます。
ちょうどスパゲッティくらいの太さなので、パスタソースとしらたきを和えると即席パスタが作れます。スパゲッティのように煮るのに時間がかかりませんし、硬さを調整する難しさもないので便利です。
糖質制限は肥満治療効果が高いダイエット方法ですが、行うときには最初におおよそのプログラムを作っておくと良いです。
糖質制限ではご飯、パン、麺、の摂取量を少なくすることがポイントです。ただし3食全て摂取制限してしまうと辛い場合が多いので、1食か2食は炭水化物を食べられるタイミングを決めておくと良いです。
1食ならば昼間に食べる、1日2食ならば朝と昼に食べるようにすると良いです。昼間は付き合いで食事をとることも多いので昼間に食べるようにしていきます。夜はあとは寝るだけなので外すようにプログラムしておきましょう。
肥満治療は、計画的に行った方がストレスがかかりません。これは計画通り痩せなければいけないというのではなく、ダイエットのために1日にどういう行動をとれば良いのかというのを明確にしておくということです。
最初から行動を決めておけば、「食べようか食べまいか」ということで悩む必要がありません。スケジュールと連動しておけば、この日は夜に付き合いがあるから出来るだけ朝と昼は我慢しておこう、などという調整も出来ます。
肥満治療は根性論でどうにかなるものではありません。ダイエットはいわば人間の本能と逆行することをやっているのですから、いかに体にそれを気付かせないで続けるかを考えましょう。